© 2019 by COCOROLAB. Proudly created with Wix.com koto

Call Us: 03-5875-5842   /   cocorolab@cocorolab.net   /  東京都江東区大島6-22-6 レジェンド中の橋1階

OUR PROGRAMS

 

ココロラボでは、ネイティブティーチャーによる英語だけでなく、プロフェッショナル講師による本格的なプログラムを含むたくさんのワクワクを体験することができます。

English
(英語・英検Jr/英検5級)

近い未来、世界はいまよりももっとダイレクトにつながり、文化的、経済的にはもちろん、日常生活レベルで価値判断は多様化していきます。その中で必要となるのは、語学力だけでなく、日本人としてのアイデンティティ(日本人であること自体が国際性を持つという自尊心)と幅広い価値観、相手を思いやる気持ち(共感力)を基本とした高いコミュニケーション能力(対話力)です。ラボでは、その素地を養い、幼児期からの可能性を広げることを目的とした、ネイティブティーチャーを中心とした海外の文化、英語に触れあう環境があります。子どもたちはネイティブティーチャーと毎日一緒に生活し、毎月のテーマに基づいた様々なアクティビティーを体験します。週1,2回のレッスンの時間だけでなく、毎日外国人が園にいることは、広い世界や文化を肌で感じ、異なる文化や背景をもった人たちと積極的に関わる意識の形成や言語発達(音素やリズムなど)にとても良い環境です。

毎週水曜日に英検クラスでは、シルバー、ゴールド、5級のグレードを受験します。

​※英検Jrとは:http://www.eiken.or.jp/eiken-junior/

​・平成29年度開催日:毎週水曜日

<平成28年度受験実績>

【シルバー:ラボ平均88% 

      全国平均85%】

【ゴールド:ラボ平均84

      全国平均77%】

【5級:平成29年11月受験予定】

<平成29年度受験実績>

【ゴールド:ラボ平均86

      全国平均76%】

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Gymnastics
(体操)
 

3歳から14歳頃までは「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、この時期に運動における多種多様な動作を経験することがとても大切です。この時期に基本的な動作を身に付けておくと、その後、技術やセンスの成長が大きくなります。また、挑戦する気持ち、あきらめない気持ちを大切にし達成する喜びを体験したり、仲間と協力する姿勢やチームワークについても学ぶことができます。

・平成29年度開催日:毎週火曜日

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

空手道
(Karate)

2020年のオリンピック正式種目にも決まった空手。空手は日本の伝統文化であり、ココロとカラダを同時に鍛錬することができます。ラボでは國際松濤館所属の指導者が直接指導します。

・平成29年度開催日:毎週水曜日

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Calligraphy
(書道)

ラボでは専門講師の指導により、心を落ち着けて筆を運ぶ、文字の美しさや正しい型を学びます

アップルの創業者スティーブジョブズも大学時代に書道(カリグラフィ)を学び、マッキントッシュのデザインに活かしたといわれています。書道は日本ならではの文化ですが、日本だけでなく海外でも注目を浴びているグローバルなプログラムです。

​ラボでは級や段の取得も可能です。

・平成29年度開催日:毎週木曜日

<段/級取得状況※平成29年3月現在>

【半紙】

3級:2名、4級:4名、5級:3名

6級:2名、7級:5名

【硬筆】

初段:1名、1級:1名、2級:1名、3級:3名、

4級:4名、5級:1名、6級:3名、7級:2名

AUTHENTIC

ACTIVITY

WAKU

WAKU

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Craft
(クラフト)

モノづくりの楽しさや工夫する喜びを体験します。

​廃材を再利用したり、エコや環境についても考える機会となります。

・平成29年度開催日:月2回

※これまでの作品例

【紙すきdeハガキ製作】

【トイレットペーパー芯deクリスマスツリー】

【牛乳パックdeカルトナージュ】

【ペットボトルde貯金箱】

【紙皿de雪だるま】

【まつぼっくりdeオーナメント製作】

【牛乳パックdeハロウィンバスケット】

【ビーズ刺繍deクリスマス飾り】

COCORO LAB Daily Program Schedule 2017 >

COCORO LAB Yearly Program Schedule 2017 >

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Programming
(プログラミング)

総務省の発表では、2030年には79万人のIT人材が不足すると言われています。2020年には小学校で必修化されることが決まったプログラミング教育。ラボでは以下の目的でプログラミングを導入します。

◇ITテクノロジー(デバイスやソフトウェア)との親和性が高まる

◇物事の仕組みの理解や順序、論理的思考が身に付く

◇創造性の育成

<使用教材>

・タブレット端末2~3人に1台

・ソフトウェア(ビスケット:https://www.viscuit.com、スクラッチ:https://scratch.mit.edu

<実施日>

・毎週月曜日(16:30~17:15、17:15~18:00)

 ※スポット利用の場合、時間帯のご希望は受講人数により調整させていただきます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

World orientation
(ワールドオリエンテーション)

ドイツで発祥し、オランダで発展した「イエナプラン」

そのコアプログラムであるワールドオリエンテーションは、教科を超えた総合探求学習プログラム。

このプログラムの特徴である、「学ぶことを学ぶ」ための教科横断的学習を通して、“課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び”を経験します。

・起業性、企画力、協働性、創造力、プレゼンテーション力、リフレクション(振り返り)、責任性が養われます。

<内容>

・1~2か月を通して学ぶテーマが決められる(テーマは、下記7つの『経験領域』と『時間』『空間』について、

 循環的に取り上げられます)。7つの経験領域とは

①作ることと使うこと(労働、消費、持続可能性など)、②環境と地形(人の棲息、植物・動物の棲息、住まい

としての地球宇宙環境など)、③巡る1年(1年の中の月日、お祝いや催し、学校の1年など)、

④技術(建設、機械と道具、大きなシステム、原料とエネルギー、技術をどう使う、など)、⑤コミュニケーション

(他の人と、自然と、また、自然の中で、他の国の人と、など)、⑥共に生きる(社会に帰属する、共に生きるために、

共にひとつの世界を、など)、⑦私の人生(私、人々、大人たちなど)

・毎週金曜日(16:30~17:15、17:15~18:00)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Scribing
(書き写し)

1年生は「論語」2、3年生は文学作品や詩を書き写します。論語は「人として」あるべき姿について、簡潔にまとめられた文集です。幼少期という人生の「根」を育てる時期だからこそ、その真髄に触れることに意味があります。上級生は豊かな作品を書き写すことで、様々な心情の理解や物事の伝え方や文章力、表現力を養います。

・平成29年度開催日:毎週火・木曜日

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

​読書

主体的な読書により、読書を好きになることを大切にしています。物語を通して、様々な文化や考え方、多様な世界を知ることができます。行ったことのない世界へ行き、人々の心の奥底を垣間見ることができます。読書に終わりはありません。一度読書が好きになればいくつになっても知識や体験を深めつづけることができるようになります。

・平成29年度開催日:毎週月・水曜日​